ロゴ
HOME>アーカイブ>歯科の選び方を知って無理なく治療を進めていこう

通う歯医者は慎重に選ぼう

口腔内のトラブルが見つかったら歯医者に行きますが、その場合はかかりつけ歯科医を活用しましょう。治療だけでなく、定期的な歯科検診を受けるためにもかかりつけ歯科医は重要です。立地場所だけではなく、自分に合った歯医者であるか慎重に見極める必要があります。

歯科の選び方を知って無理なく治療を進めていこう

歯科助手

歯並びコンプレックスを解消する方法

歯並びコンプレックスを解消するためには、矯正歯科を受診して治療を受けることが良いです。矯正歯科では患者の歯並びや口腔内の状態によって、適切な治療方法を選択してくれます。もちろん患者の希望を聞いたうえで治療計画が立てられるので、治療に対する要望や疑問などをカウンセリングで解決しましょう。

インプラント

歯科選びのポイントを知る

歯科選びのポイントとは、自分にとって良い歯科とは何かを考えることです。通いやすさや治療の内容、歯科医師の人柄や痛くない治療など、良いと思うポイントは人それぞれです。これらの中から自分が最も重視したいポイントを考えましょう。そして口コミなどを参考にして、重視したいポイントとマッチしている歯科を選びます。特に、歯並びやインプラント治療のときは技術力が必要になるので、選ぶときは慎重になりましょう。

ここもチェック!インプラント治療の流れ

歯医者

カウンセリングから検査や治療計画の立案

まずは患者とカウンセリングを行い、患者から治療に対する希望などについて聞き取りが行われます。そして患者の口腔内の状態を知るために精密な検査が行われます。カウンセリングや検査の結果に基づいて、適切な治療計画が立案されます。

外科的手術や装着処置の実施

安心して手術を行うために、患者の口腔内環境を整える前処置が実施されます。その後、インプラントを埋入する外科的手術となります。そしてインプラントが顎の骨にしっかり接着したことを確認したら、アバットメント装着処置を施します。

メンテナンスの継続

アバットメントを装着したらその上に人工歯根をかぶせますが、噛み合わせなどを確認しながら微調整を行います。治療が終わったら定期的なメンテナンスが重要であり、3~6カ月に1回程度歯科で定期検診を受けることになります。